〜 三方よしの考えを今さらながらに考える 〜
TMSトータルマネジメントサービス(株)宮崎公男

  • 2019.11.03 Sunday
  • 12:55

三方よしとは、「売り手よし」「買い手よし」「世間よし」の3つの精神の事で、

売り手と買い手がともに満足して、さらに社会貢献もできる事が良い商売のあり

という近江商人の心得です。

 

                 

〜近江商人の商売十訓〜

商売は世の為、人の為に奉仕して、利益はその当然の報酬なり

店の大小よりも場所の良否、場所の良否よりも品の如何

売る前のお世辞より売った後の奉仕、これこそ永遠の客をつくる

資金の少なさを憂うるなかれ、信用の足らざるを憂うべし

無理に売るな、客の好むものを売るな、客の為になるものを売れ


良き品を売ることは善なり、良き品を広告して売ることは更に善なり

紙一枚でも景品はお客を喜ばせるものだ。付けてあげられるもののない時は笑

    顔を景品にせよ

正札を守れ、値引きはかえって気持ちを悪くするくらいがオチだ

今日の損益を常に考えよ、今日の損益を明らかにしないでは、寝につかぬ習慣

   にせよ

商売に好況・不況はない、いづれにせよ儲けねばならぬ

まあ、現代のビジネスにも十分当てはまりますね・・・。

 

TMSトータルマネジメントサービス(株)

ファイナンシャルプランナー

宮崎 公男

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

TMSホームページ

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM